先週からはじめた、新しい投資方法「決算の状況と移動平均線からの乖離率を組み合わせ」

今回、損切マイナス1%、利確プラス2%を設定したら、まんまと狩られてしまいました。

0勝3敗、2ホールドです。

7525リックス
8129東邦HD
6651日東工業

金曜日は、地合いがとてもよかったのに、惨憺たる結果となりました。

日経平均

8/12 米CPIの鈍化からリスクオンの動きが強まり日経は大幅反発。727円高の28546円で終了

日経はこんなに上がったのに、私の持ち株たちは今一つ。

どうも横横なんですよね。

なので、どれくらい持てば利益が取れるのか、確認することにしました。

次の1手。バックテスト

やっぱり1%の損切はきついので、週末は過去10年分の株価でバックテストを行いました。

保有日数、利幅、損切幅など22パターン検証した結果、利確7%、損切4%、保有日数10日というのが一番よさそうでした。

バックテストはテクニカルオンリーの結果ですが、エントリー時にファンダメンタルズ分析を行うこと、逆指値を使って場中でも4%の強制損切を行うことでもう少しいい結果になりそうです。

しばらくこれで試してみようと思います。

Previous post 【保険】消火器で消せるボヤを起こした時
Next post 億り人になるために必要な思考回路

新しい投資法つづき、バックテスト」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。