先週からはじめた、新しい投資方法「決算の状況と移動平均線からの乖離率を組み合わせ」

週末、損切ライン4%、利確ライン7%、保有日数10日と決めました。

そして今日から、新ルールで開始です。

早速狩られました。-56,000円

開始1時間もしいないうちに狩られたのはジェイテックコーポレーション (3446)。

3446 ジェイテックコーポレーション5分足

600株買っていたので、マイナス56,000円です。

財務から見ても「これは下げすぎ」と思っていて、損切にはイマイチ納得できず。

実際、損切してから200株買いなおししました。

引けに向けて、他の銘柄たちもじわじわとあげてきて、引け直前には60,000円強の含み益です。

損切りと利確の間で

引け後、取引画面(私のお小遣い口座)

この6万円。利確したかったのです。

なんといっても午前中、56,000円も損切しているのです。

利益があるうちに、収支をできる限りプラスに戻しておきたい。

それにこの手法、横横が多くて、こんなに上げることはないのかもしれない。

明日になったら相場の勢いがなくなって、利益も全部なくなるのかもしれない。

利確しときたい。利確したい。したい。したい。

15時前は、利確と損切の間でPC画面の前で揺れに揺れていました。

億り人になるために必要な思考回路

しかし、今回は何とか思いとどまることができました。

今までのパターンだと、私は確実に利確をして、トントンにして再スタートをきっていたはずです。

でも、そのやり方だとお金持ちになれないのです。

本来利確とは、得られる利益にフォーカスして決定をするのがよいはずです。

利益はできる限り伸ばすのが王道です。

でも、今回の私の思考は「得られる利益」よりむしろ「今朝作った損失」に注意が行き過ぎていました。

当たり前です。56,000円なんて、私にとっては大金なのですから。(なんなら昨日も数万円損失出してますし)

億り人になりたい私が注意を向けるべきは、1つ1つのトレードで失った額ではなく、「トータルでいくら勝てたのか」ということ。

そのためには、負けは最小限にかつ機械的に、利益は最大限にとらなければいけない。

後ろ髪をひかれながらも、強制的に作った損失を忘れて、得られる利益のことだけを考えた。

このことができた自分をほめてやりたいと思います。

これが億り人への一歩になりますように。

Previous post 新しい投資法つづき、バックテスト
Next post 株主優待でワイヤレスイヤホンいただきました

億り人になるために必要な思考回路」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。