0 0
Read Time:26 Second

3月の株主優待品のピークがようやく終わりつつあります。

自社製品を優待品としているところも多く、自分では買わない高級ラインをいただけると、とてもうれしいものです。

特に最近はなんでも微妙に値上がりしてるので、余計そう思います。

しかし。

優待の内容が良くても、ちょっとここやばいんじゃないかな・・・。

(財務的にも、優待継続的にも)

という会社をちょいちょい見かけます。

桐谷さんみたいな優待生活もうらやましいですが、中には危ない優待株もちょいちょい(いやかなり?)ありますので、時々ご紹介していけたらと思います。

やばい優待銘柄【日本製紙 (3863)】

日本製紙 (3863)株主優待
日本製紙 (3863)株主優待

この写真は4名義分です。4人分だとさすがにインパクトありますね。

まずは優待の紹介から。

権利確定月
3月

次回権利付最終日
2023/03/29

優待獲得株数
100株

優待内容名
自社グループ製品詰合せ(ティッシュペーパー・トイレットペーパー等)

残念ながら、株価は2019年ごろから右肩下がりで、最安値をほぼ更新中

Trading View 3863 日本製紙チャート

製紙業界 売上高ランキング(2020 – 2021年)で2位ですが、同業他社と比べても圧倒的に利益率が悪いです。

引用:業界動向.com

実際、財務データを比較してみました。

3位のレンゴーと比べても、売り上げは約1.4倍もあるのに、営業利益は3割ほどしかないという。。。

営業利益率が低いということは本業で稼ぐ力が弱いとも言えます。

元々からこうだったのかというと、昔もそこまで高くはなかった(2%台)ですが、2018年以降さらにに悪化してきているみたいですね。

チャート(株価)にもそれがよく表れています。

原価率が同業他社と比べて高いのも一因でしょう。

さらに配当性向もここ2年は高すぎて、2021/3 で+111.9%、2022/3にいたっては232.1%と相当無理していると思われます。

いずれにしても健全ではないですね。

今から買ってホールドするとなると含み損の覚悟は必要です。

下手したら、優待廃止とかもあり得るかもしれないので、注意が必要な銘柄といえます。

※上記記事は特定の銘柄を推奨しているものではありません。投資は自己責任でお願いします。

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。