先日、ここ数年、電力不足が声高に言われるようになった理由と それに関連する、今、日本が抱えているエネルギー問題について思ったことを書きました。

今日はその続きで、考えた解決方法とその関連テーマ、関連銘柄について書いていきます。

電力不足の関連テーマと関連銘柄

突発的に電力が必要となった時に提供できる電力が不足しているという問題に対して、

安定供給するための電力を火力以外から取るため、再生可能エネルギーと原子力の割合を増やしていく

という解決方法に対して出てきた関連テーマは、電力貯蔵技術です。

再生可能エネルギーが発電所単位でもっと大量に蓄電できたら、少しは安定供給できるようになるのだろうかと思ったのです。

少し調べてみると、当たり前ですがそういう技術はあり、注目されていますね。

正式名称は長期エネルギー貯蔵技術:Long-duration Energy Storage(LDES)といって、 いくつかの方法があるようです。

バッテリーエネルギー貯蔵(リチウムイオン電池)

水素エネルギー貯蔵 揚水式貯蔵(PHS)

液体空気エネルギー貯蔵(LAES)

圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)

フライホイールエネルギー貯蔵(機械的エネルギー貯蔵(FES))

熱エネルギー貯蔵(TES)

などなど。

具体的な銘柄だと

三菱重工業 (7011) パワー事業

日本電産 (6594) バッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)

九州電力(8908)揚水発電の特徴と仕組み

住友重機械工業 (6302) 液化空気エネルギー貯蔵(LAES)

神戸製鋼所 (5406) 圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)システムの実証実験

ジーエス・ユアサ コーポレーション (6674)フライホイール 蓄電システム

IHI (7013) 大型エネルギー貯蔵システム

あたりになるでしょうか。

と、この記録的な猛暑と一人でクーラーを占有する罪悪感から、 今日はこんなテーマについて考えてみたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です