活字に全く集中できなくなったのはなぜでしょうか。

そんな生活を変えたいと思う今日この頃。

KADOKAWA (9468)や図書カードの優待で読みたい本を手に取る機会が増えています。

しかし。

年々活字に集中することができなくなってしまったような気がします。。。

これは老化現象か。

読もうとするとすぐに眠くなったり携帯が気になったり数行飛ばしで読んでよくわからなくなったり、 もはや最後まで本を読んだのはいつが最後だったか・・・。

というレベルです。

自分の勉強はもっぱら動画(2倍速)ばかり。

活字が読めなくて、動画からしか情報を取得できないとは、もうこれは老化現象なのでしょうか。

でも本屋さんに行くのは好きで、いつも投資の本を手にとっています。

買って、読みかけて1/5くらい読んで挫折して。の繰り返し。

そんな投資関連の本だけで10冊近くあります。

最近はそんな生活を変えたいと思っています。

どうすれば変われるのか。

ここに読んだ投資本のレビューでもアップするようにしようかな。

自分に何かを課すと続けられるのかもしれません。

最近買ったのは、投資とは関係ありませんが、経済学者 成田悠輔氏の「22世紀の民主主義」です。

成田さんの大ファンで、ついにサイン本まで手に入れてしまいました!

彼のお金とか学歴とか名誉とか、社会的な価値観に執着がなく、精神的に何にも属さなくて 自由なところをすごく尊敬し、また憧れてもいます。

あとあの視野の広さと着眼点の鋭さ、根底にある人に対する優しさが大好きです。

この生活を変えたい。変わりたい。・・・はずですが、、なかなか腰は重いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です